知覚過敏について知り、なりやすい人について知ろう

知覚過敏の症状とは

ご存知の方も多いかと思いますが、かき氷などの冷たいものを食べた時に歯がキーンと痛む時、それが虫歯でない場合は知覚過敏といえるでしょう。
また、冷たいものだけに限らず、歯磨きの際に歯ブラシがあたるだけで痛む人もいますし、甘いもので痛くなる人もいるようです。
では虫歯と知覚過敏の違いを素人が判断できるのでしょうか。
痛みがあるのが何かを食べた時だけなのか、ずっと継続して痛いのかの違いが大きな違いといえます。
それが一時的であれば知覚過敏といえるでしょうし、何もしていなくてもずっと痛いのであれば虫歯かもしれません。
とはいえ、どちらも放置したり自己流で治そうとせず、歯医者さんで一度診てもらう事をおすすめします。

なりやすい箇所

知覚過敏で歯が痛くなる場所は個人差があるといわれてはいますが、奥歯より少し手前、中間の歯がよくなりやすいと言われているようです。
この場所で物を咀嚼したりするので一番困る個所ではありますよね。
かといって、その場所だけを避けても、多くの知覚過敏で悩む方たちの場合は一か所だけピンポイントで痛むというよりも、全体的に痛むことがよくあるので、できるだけ歯にあたらないように食べたりと自己流で気を付けているのではないでしょうか。
中には左側だけが痛む、という人もいるそうなので、そういった場合であればもう片方で冷たいものや甘いものなどを食べるようにすればよいでしょうが、いつも同じ場所だけで食べていると、顎がゆがんでしまったり、健康な方に負担がかかりすぎて結局悪くしてしまったりすることもあるので、はやり歯医者さんで予防や治療をしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る