知覚過敏の症状を知ろう

知覚過敏という言葉はテレビや歯医者さん等で耳にしたことがある方が多いのではないかと思いますが、その詳細についてご存知でしょうか。
今回は、知覚過敏になりやすい人の特徴についてまとめてみました。
その前に、知覚過敏の症状や歯の構造、そして知覚過敏の原因や予防法や治療の種類についてみていきましょう。
特定の温度の食べ物を食べる時だけや行為の場合だけ痛むといった場合は知覚過敏の可能性が高いかもしれません。
虫歯は継続的に痛いのに比べ、知覚過敏の場合は冷たいものや甘い食べ物を食べた時だけや、歯磨きをした時だけといった一時的な痛みがあります。
それは、本来歯の全体をコーティングしていなければならないエナメル質というものが削れたり傷ついてしまっているため、その部分を刺激すると痛みが走るようになるからです。
そうならないためにも、知覚過敏予防の歯磨き粉を日頃から使い、優しく歯磨きをすることが大切です。
もし、知覚過敏になってしまったら、歯医者さんで数回、コーティング剤を塗ってもらって歯を保護する方法もありますし、レーザー治療などもっと深刻な症状に悩まされる人むけの治療法もあります。
ここまでみてきて分かるように、エナメル質が日頃からダメージを受けやすい生活習慣の人は知覚過敏になりやすい傾向にあるようです。
歯磨きを強くしすぎる、また、エナメル質が溶けてしまう酸味の強いものばかりを好んで食べる人、加齢によるものなどが大きく影響していると言われています。

TOPへ戻る